全米ヨガアライアンス200時間トレーニング

2020年10月~2021年7月まで、ゆっくりペースで開催しています。

2020年、新型コロナウィルスの発生により、社会にもヨガの指導のやり方にも、変化が訪れています。コロナが収束したのちも、世界はコロナ前の社会と同じようには戻らないと言われています。

この変化の中で、ヨガが人々にどのように貢献していけるのでしょうか?
そしてこの先、ヨガの指導をいかに行っていくことができるでしょうか?


シャクティモンディヨガでは、この時代の変化を受けて、トレーニングの内容をすべて見直ししました。
誰にでもアクセス可能なヨガを行ったり提供するために、高度なポーズを習得する必要はありません。誰もが安心してヨガを行うためには、自分や相手のことを気遣うこと、その人に合ったやり方を提案すること、体の内的な感覚との対話を促し、ヨガの練習の中にも選択肢があることを、適切に伝えられることが大切になってきます。

安全な環境の中で、呼吸やポーズをゲートウェイにして、より楽に、より安心し、より健やかに生きるお手伝いができるようなヨガの先生の育成を行っていきたいと思っています。


【開催日時】

2020年10月10日~2021年7月18日

  • モジュール 1「陰ヨガ」

  • モジュール 2「チェアヨガ」

  • モジュール 3「リストラティブ」

  • モジュール 4 「ハタヨガ」

  • モジュール 5 「ヨガの練習」

  • モジュール 6 「試験」

★ モジュール1~5までは、単独でもご受講可能です。
★ 録画で後日見られるクラスもあります。

※12月31日までは新型コロナウィルス対策のため、オンラインでの開催になります(全米ヨガアライアンスよりオンラインでのトレーニングの推奨・許可が出ています)。新型コロナウィルスの危険性がないと判断した場合、時々スタジオでクラスを開催する可能性もあります。

※1月1日以降、スタジオでの開催になる可能性があります。
※コースの時間割はオンラインでの負荷をできるだけ少なくするように検討しました。

開催日程は ☞トレーニングスケジュール☜ をクリックしてください。

【学ぶこと】

● シンプルな陽のヨガ

● 陰ヨガ

● リストラティブヨガ

● 椅子ヨガ

● 瞑想

● マタニティヨガ概要

● 自律神経を整える呼吸法

● ヨガニードラ(眠りのヨガ)

● 東洋と西洋の解剖学

● ヨガ哲学・歴史

● アーユルヴェーダ入門

● 心理学

● 指導法 基礎 & 指導法 応用

● ヨガを仕事にすること

 

概要

トレーニングで行うこと

(1) 基礎の確立  

ポーズや解剖学を学び、ポーズがいかに体に働きかけているかを理解します。様々な年齢、体質、体格、骨格、体調の方に、その人に合った練習を提供できるようになるために、多様なヨガの練習法を学びます。「気づき」のあるマインドフルなヨガの練習を行うことで、ポーズを通して自分を内観できるようになります。

(2)歴史・哲学・道徳観  

ヨガの歴史の概要を学びます。「伝統的」であることが、必ずしも有益だとは限りません。多面的に学ぶことで、自分はどうありたいのか、という自分の旅路を歩めるように促します。様々な社会通念や刷り込みを認識しつつも、「本来の私とは何か」を、探求します。

(3) 解剖学とホリスティックな体の見方

東洋の解剖学と西洋の解剖学の違いを知り、肉体、感情、エネルギー、マインドといった体を、ホリスティック(統合的)に考察しましょう。肉体だけでなく、感情・思考・心の状態にも繊細になることで、ヨガをよりセラピー的に活用できるようになります。

(4) 指導法  

シンプルなポーズと呼吸を連動させながら、安全なヨガの指導ができるように、ポーズの機能を理解し、言葉でそれを伝え、可能なオプションを与えることができるような指導法の練習をします。トレーニング後半には自分のシークエンス(ヨガの流れ)が作れるようになります。最後の実践テストでは、1時間のヨガの指導を行います。

(5) 様々な練習法  

ストレスが多い日本の社会で、ヨガをより効果的に活かすためにも、リストラティブ(回復のヨガ)や陰ヨガの練習法について学びます。関節に痛みがある人や高齢者の方でもできる、椅子ヨガについても学びましょう。アーユルヴェーダの基礎にも触れ、瞑想や呼吸法も実践し、ヨガを生活レベルで活かせるような練習方法を身につけます。


(6) ヨガと仕事 

ヨガを教える時、自分のニッチ(特色・ギフト)は何かを知ることが助けになります。心理学を参考に、人生全体を見渡しながら、それぞれが与えていけるものを内に見出だします。


-----------------

【講師の紹介】

産屋敷公美 - 1999年にヨガを始め、2003年より瞑想を始めました。2009年から指導開始。2014年~2019年までカナダOpen Source Yoga (Daniel Clement Yoga) の200時間トレーニングの講師及び通訳を担当し、2020年よりシャクティモンディヨガ独自のトレーニングを開始しています。2009年よりロサンゼルス在住のSteve Rossに師事。2014年より陰ヨガのJoe Barnettの通訳。2020年はトラウマセンシティブヨガ(TCTSY, アメリカ)とガポール・マテ(「身体がノーと言う時」の著者)によるCompassionate Inquiry サイコセラピー(カナダ)を勉強中。

----------------

【参考図書】

● 肉単 (東京慈恵会医科大学 河合良訓 監修 原島広至著)

● 骨単 (東京慈恵会医科大学 河合良訓 監修 原島広至著)

● シッダールタ (ヘルマン・ヘッセ)

● さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)

● バガヴァッドギータ(向井田みお訳)

● インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨガスートラ(サッチダナンダ)

● ヨーガの真実(マーク・ウィットウェル)

● 身体がノーと言うとき(ガポール・マテ)

● 身体はトラウマを記録する(ベッセル・ヴァン・デア・コーク)

 

お申込みについて

参加料金

◆ 早割 -- 10月7日(水)

までにお申込み・お振込み: 396,000円(税込み)

◆ 一般 -- 10月8日(木)
以降にお申込み・お振込み: 407,000円(税込み)
(分割払いも可能です。お問い合わせください)。

​※2名以上の参加者があり次第開催します。

【お申込み・お支払い方法】

eメールでお問い合わせ頂いた後、トレーニングスケジュールをお送りします。同意書にご捺印後、参加申込をしてください。その後ご入金が確認できた時点で、本申込となります。

お支払いは銀行振り込み、または直接お支払いください。

お振込先:三菱東京UFJ銀行、桑名支店、普通口座、口座番号 0010463、振込先名義 ウムヤシキクミ 

​【開催日程】

★ 開催日時、会場などについてはこちら☞トレーニングスケジュール​☜をクリックしてください。



【お申込みをされる場合の注意事項】

※キャンセルをされる場合は開催日『3週間前迄』にご連絡いただいたものは、お支払い金額額より50,000円差し引いた金額をご返金ををさせていただきます。開催日『2週間前迄』にご連絡いただいたものは、半額をご返金致します。それ以降のキャンセルはご返金がございません。

※予約から1週間過ぎてもご入金がない場合は自動的にキャンセルとさせていただきますので、お手数ですが再度お申込みし直してください。

 
 

お問い合わせ・お申し込み

三重県桑名市江場
(スタジオの詳しい住所はメールにてお伝えします)。

  • Facebook
 
 

©2019 by シャクティモンディヨガ